「あっきぃてきとう日記」は移転しました

ひらめき諸事情により「あっきぃてきとう日記」は移転しました。

移転先は「http://hkzo.org/aktech/」となります。

2009年06月05日

ボットチェッカー

検索エンジンさんがいつ来たのかを表示してくれるツール。
眼鏡ボットチェッカー目

おそらくは各サイトに "site:" で検索にいった結果を加工していると思われるが、良く出来ている。
ちなみに 6/5 現在、Bing(MSN) のフォント違いバージョンが動作していない。

■共通ドメイン版
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー

■個別ドメイン版(フォント違いバージョン)
Googleボットチェッカー powered by
 Google Japan Bot チェッカー
Msnボットチェッカー powered by  MSN ボットチェッカー
Yahooボットチェッカー powered by
 Yahoo! ボットチェッカー


検索サイトへの登録 Google/Yahoo/Bing(MSN)」記事のサイト登録の結果確認にも利用したい。※ついでにトラックバックのテストも
posted by かず at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月04日

検索サイトへの登録 Google/Yahoo/Bing(MSN)

自分のサイトを登録するには以下のサイトが一番。
各社ともサイト所有者向けのツールが提供されています。
サイトマップ(sitemap)も登録できるので効率よくクロールしてくれるのではないでしょうか。

iモードGoogle
 ウェブマスターツール
 サイト登録とサイトマップが登録できます
 google のアカウントが必要です
 単にクロール依頼するだけなら「サイト登録」から

iモードYahoo
 Y! サイトエクスプローラー
 サイト登録とサイトマップが登録できます
 Yahoo! のアカウントが必要です
 サイト認証のファイルかmeta タグは残したままにしておくこと
 単にクロール依頼するだけなら「巡回先への推薦」から

iモードBing (Live Search / MSN)
 Webmaster Center
 サイト登録とサイトマップが登録できます
 Live ID が必要です。
 サイト認証のファイルかmeta タグは残したままにしておくこと
 単にクロール依頼するだけなら「Bing URL の登録」から
 Sitemap ping service もあります
  http://www.bing.com/webmaster/ping.aspx?siteMap=[your sitemap web address]
posted by かず at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年06月03日

ナンバー2を育てる

無料で購読できる雑誌『IT Leaders』で、ナンバー2を育てるにはという記事があった。

本自分メモ本

るんるんあやつり人形ではない。自分で考え行動できるように仕向ける

るんるん自分のクローンを作ろうとしてはいけない

るんるん情報は2つ。技術などの「形式知」、無意識/経験などの「暗黙知」

るんるん積極的に外に連れ出せ→行き帰りの会話が結構ポイント

るんるん承認する(コーチング)※習っても忘れてた

私のセカンドはなかなか育たないなぁと思っているのは間違いパンチ
posted by かず at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月02日

僕が2ちゃんねるを捨てた理由

書くか悩んだんだけど、自分的には気になったので。
2009年1月2日、ブログにて突如、巨大インターネット掲示板「2ちゃんねる」の譲渡を発表した著者が、“2ちゃん譲渡”の真相をはじめて語るとともに、クラウドコンピューティングやフィルタリングなど、最近流行りのネット用語の大きな勘違いをバッサリ!
また、ニコニコ動画管理人として、なかなか儲からない動画ビジネスの現実と未来や、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌の四大マスメディアとネットビジネスの比較論も展開する。
『電波少年シリーズ』の「Tプロデューサー」「T部長」としても知られる日本テレビの土屋敏男氏との対談は、これからの動画ビジネスを語るうえで欠かせない必見の内容。ネットビジネスの現実と今後の指針が凝縮された一冊として、ひろゆきファンならずとも、読んでおきたいネットビジネス本。著者がはじめて語った自身の生い立ちも見逃せない!

とのことですが、いろいろレビューを読むとそうでもないようです。
タイトルのつもりで読むとがっかりとか、別の視点で読めばありとか・・・・。

ただ、個人的にはひろゆき氏の行動力は好きです。
いろいろな背景はあるだろうし空気を読むべきことは多いとも思いますが、私自身が空気読みすぎ、先回りしすぎて行動を起こしにくいタイプだけに、単純に憧れる部分もあったりします。

今、社内でまったく新しい活動を始めようと思ってて、つい根回しというかみんなの調整をとろうとする思考パターンになったりしてます。
もう少し大胆にスピーディーに動きたいと思う今日この頃。
posted by かず at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月01日

logwatchからのメール文字化け対応

CentOS 5.x の logwatch からのメールに日本語が含まれている場合に、content-type が決め打ちなのでメーラーで文字化けする件の対応。
syslog などが UTF-8 な前提で、logwatch は以下のバージョンです。

# logwatch --version
Logwatch 7.3 (released 03/24/06)

# rpm -q logwatch
logwatch-7.3-6.el5

まず、/usr/sbin/logwatch は /usr/share/logwatch/scripts/logwatch.pl にシンボリックリンクされているので、編集対象は logwatch.pl です。
以下にパッチ。iso-8859-1utf-8 にしただけです。
# diff -wc logwatch.pl.orig logwatch.pl
*** logwatch.pl.orig 2008-05-25 01:42:04.000000000 +0900
--- logwatch.pl 2009-05-29 00:25:35.000000000 +0900
***************
*** 1019,1027 ****
$out_mime .= "Content-Transfer-Encoding: 7bit\n";
}
if ( $outtype_html ) {
! $out_mime .= "Content-Type: text/html; charset=\"iso-8859-1\"\n\n";
} else {
! $out_mime .= "Content-Type: text/plain; charset=\"iso-8859-1\"\n\n";
}

if (($Config{'splithosts'} eq 1) && ($Config{'multiemail'} eq 0)) {
--- 1019,1027 ----
$out_mime .= "Content-Transfer-Encoding: 7bit\n";
}
if ( $outtype_html ) {
! $out_mime .= "Content-Type: text/html; charset=\"utf-8\"\n\n";
} else {
! $out_mime .= "Content-Type: text/plain; charset=\"utf-8\"\n\n";
}

if (($Config{'splithosts'} eq 1) && ($Config{'multiemail'} eq 0)) {
#

実際にはこれで動くが本当は Content-Transfer-Encoding: 7bit も嘘なので base64 にするか quoted-printable にして、本文もそれに対応さる必要があることは SE としては認識しておかなければならない。
仕事ではちゃんとすること!
posted by かず at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月26日

NTTドコモがダメすぎる件

NTTドコモの携帯携帯電話を使っている身としては悲しいちっ(怒った顔)

NTTドコモ、「P-07A」の販売を停止――iモード接続に関する不具合」(itmedia)

演劇ドコモからのお知らせメール
爆弾「SH-01A」「SH-03A」「SH-04A」ソフトウェアアップデート一時中断のお知らせ (5/18 docomo)
爆弾「docomo PRIME series N-06A」の一時販売停止及び「docomo STYLE series N-08A」の販売延期のお知らせ (5/22 docomo)
爆弾「docomo PRIME series P-07A」の一時販売停止のお知らせ (5/25 docomo)

ソフトウェア不具合というこですが、どういったテストをしているのでしょうかね。
アップデートすると何かがダメになるとかって、各個人の持っているデータとか設定などの発生条件がレアなのかどうか。
発売日は決定していて時間切れでリリースでしょうか?

知人が docomo 関連サービスの開発していますが、組み込みの部分とはまた違う開発プロセスなんだろうけど、品質管理って難しね。
いくらメトリクス的にOKでもだめだったらだめだもんなぁ。
いまだにステップあたりn件のテスト、バグを出しなさいとかやめてほしいパンチ
と言ってみる。

posted by かず at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年05月24日

yum update - depsolving problems 解決!

yum update したら依存関係でエラーが出たので調査して解決しました。
その時のメモ。

時間がない人向けの答えは↓
# yum clean all
# yum update

経過

# yum update すると
audispd-plugins-1.7.7-6.el5_3.2.i386 from updates has depsolving problems
--> Missing Dependency: audit-libs = 1.7.7-6.el5_3.2 is needed by package audispd-plugins-1.7.7-6.el5_3.2.i386 (updates)
audispd-plugins-1.7.7-6.el5_3.2.i386 from updates has depsolving problems
--> Missing Dependency: audit = 1.7.7-6.el5_3.2 is needed by package audispd-plugins-1.7.7-6.el5_3.2.i386 (updates)
Error: Missing Dependency: audit = 1.7.7-6.el5_3.2 is needed by package audispd-plugins-1.7.7-6.el5_3.2.i386 (updates)
Error: Missing Dependency: audit-libs = 1.7.7-6.el5_3.2 is needed by package audispd-plugins-1.7.7-6.el5_3.2.i386 (updates)

audispd-plugins に問題があるそうなので、チェック
# rpm -q audispd-plugins
パッケージ audispd-plugins はインストールされていません。

あり?ということなので、インストール
# yum install audispd-plugins
Installing:
audispd-plugins i386 1.7.7-6.el5_3.3 updates 44 k
Updating:
audit i386 1.7.7-6.el5_3.3 updates 365 k
audit-libs i386 1.7.7-6.el5_3.3 updates 77 k
audit-libs-python i386 1.7.7-6.el5_3.3 updates 77 k

これでこれは解決。はい、次!
--> Processing Dependency: /usr/share/magic.mime for package: httpd
--> Finished Dependency Resolution
httpd-2.2.3-22.el5.centos.i386 from installed has depsolving problems
--> Missing Dependency: /usr/share/magic.mime is needed by package httpd-2.2.3-22.el5.centos.i386 (installed)
Error: Missing Dependency: /usr/share/magic.mime is needed by package httpd-2.2.3-22.el5.centos.i386 (installed)

一応 ls で magic.mime の存在は確認できたので、パッケージをチェック。
どのファイルが rpm のパッケージに含まれているのかは rpm -qf で確認してパッケージの情報を参照してみた。
# rpm -qf /usr/share/magic.mime
file-4.17-15
# yum info file
Installed Packages
Name : file
Arch : i386
Version : 4.17
Release : 15
Size : 1.6 M
Repo : installed
Summary : ファイルの種類を判断するためのユーティリティ
URL : http://www.darwinsys.com/file/
License : distributable
Description: 〜〜省略〜〜

Available Packages
Name : file
Arch : i386
Version : 4.17
Release : 15.el5_3.1
Size : 316 k
Repo : updates
Summary : ファイルの種類を判断するためのユーティリティ
URL : http://www.darwinsys.com/file/
License : distributable
Description: 〜〜省略〜〜

インストール済みでバージョンアップできるようだ。
ただし、httpd の依存関係のエラーが出ているので単純にはいきそうにない。
一度 httpd を削除すれば問題ないと思うが、そうもいかないので 調べて「yum Dependency problem」を斜め読みして実行!
解決しました手(チョキ)

画面で見ていた限り問題は起きていませんが、rpm の更新で設定ファイルなどに変更が起きていないかチェックをします。
find / \( -name '*.rpmsave' -o -name '*.rpmnew' \) -print

特に変更が見られないようなので終了。

posted by かず at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月23日

「Bigtableの使い方教えます」セッションのお申し込みはこちら

今日現在、内容は未定なようですが、Seasar Conference 2009 Spring の案内が発表されています。

Seasar Conference 2009 Spring - 6/13(SAT), Tokyo

ひがさんは blog で「Bigtableの使い方教えます」を中心にするようですね。当然 Slim3 の話題もするそうです。

今回は参加できそうにないので、プレゼン資料の公開してほしい。
まぁ流れで内容も変わる可能性もあるので、資料だけではなんとも読み取れないとは思いますが・・・。

Java での Web サービス開発において、今後のスタンダードなフレームワークはなにになっていくのだろう。淘汰は? 個人的には Struts2はない気がします。Strutsって名前にしなければよかったとも思う。
しかし、Struts 1.2.9 (Classic) たらーっ(汗)ベースのシステムが多くあり、メンテも続き、これから作る周辺システムもそうなりそう。要員確保しやすいというのも理由なんだが、一度動くとね。。。
小さいシステムでは Slim3 とか使ってみたいなぁ。。。

posted by かず at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月20日

“iモード2.0”はCookieやAjax、インライン動画に対応

タイトルまんまですがびっくりしましたexclamation×2
携帯電話“iモード2.0”はCookieやAjax、インライン動画に対応」(@IT)
携帯電話iモードブラウザ2.0新機能一覧」(docomo)

いやね、実際は各社の機能が横並びでそろわないことにはコンテンツ提供者や私たちSEからすると困るわけで、底辺に合わせるしかないわけで、実際の業務ではもう少し先になるだろうけど、docomo専用に割り切るといろいろできそうだな。

しかし、cookie をサポートしてマルチウィンドウ(タブブラザ)ってことは同じ cookie を返してくると思われセッション管理とか泣けてきそうもうやだ〜(悲しい顔) どういう挙動をするのだろうか。端末保存のcookieとかあるのかなぁ<調べてない。

シミュレーターIIもV8.2としてちゃんと新機能サポートしてて JavaScript などに対応している模様です。いじった感じだと alert() とかもちゃんと動きます。

でもXMLHttpRequestがうまく動かないのが今のところのなぞ。
以下、超てきとーなコード。
<html>
<head><title>i-mode 2.0</title></head>
<script>
function load() {
var xmlhttp = new XMLHttpRequest();
xmlhttp.onreadystatechange = function () {
if (xmlhttp.readyState == 4) {
alert(xmlhttp.responseText);
}
}
xmlhttp.open("GET", "sample.txt");
try {
xmlhttp.send(null);
}
catch(e) {
alert(e);
}
}
</script>
<body>
<input type="button" value="click" onclick="load()"><br>
</body>
</html>
send(null); が TypeError になる。空文字 "" でもだめだった。
だれか動いた人、教えてください。
そうそう、とりあえず UA は "DoCoMo/2.0 ISIM0808(c500;TB;W12H08)" でした。

(5/24 追記)
以下のいずれでもダメもうやだ〜(悲しい顔) 現在お手上げ。
・send("");
・open("POST" ...) & send("p=1");
・setRequestHeader()
:
posted by かず at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年05月19日

Oracle Pro*C/C++ での構造体配列のポインタ

某プロジェクトのお手伝いで10年ぶりくらいに Oracle Pro*C/C++ (proc) でプログラムをつくりました。
それでちょっとはまったのが、動的にメモリを確保して、そこに数行分のデータを一気に読み込むロジックです。

設計は以下のとおり。
1.構造体の定義
2.メモリの確保
3.カーソルの定義
4.フェッチ

書いたコードの抜粋は以下
typedef struct {
char name[15];
int age;
} PERSON;
int limit = 100;
PERSON *p;
p = malloc(sizeof(PERSON) * 100);
EXEC SQL DECLARE c CURSOR FOR SELECT ...... ;
EXEC SQL FOR :limit FETCH c INTO :p;

ひらめき(答え)構造体の定義で struct に構造体タグをつけ忘れたこと
(誤)
typedef struct {
char name[15];
int age;
} PERSON;
(正)
typedef struct _person {
char name[15];
int age;
} PERSON;
or
struct _person {
  char name[15];
  int age;
};

コンパイルエラーは出ないがNGexclamation×2
配列のサイズ計算がうまく行えず、バッファ内がぐちゃぐちゃに。
(プログラマーズガイド「構造体の配列の宣言」)

次に読み取り行数の認識間違い。
問題は100件読み取ってもまだ続きがあるときの 2回目の FETCH での行数 sqlca.sqlerrd[2] の値。
処理した行数ではなくて、累積数が記録されているってこと。
ちゃんとマニュアル読めばわかる話だけど、記憶だけ書いちゃうとだめな例たらーっ(汗)
(同 ガイド「sqlca.sqlerrd[2]の使用方法」)

posted by かず at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記