「あっきぃてきとう日記」は移転しました

ひらめき諸事情により「あっきぃてきとう日記」は移転しました。

移転先は「http://hkzo.org/aktech/」となります。

2009年08月11日

MiChiが業界初のmixiアプリに進出

mixi アプリねた。

MiChiが業界初のmixiアプリに進出 (8/10 Y!)
特製ラッピングトラック(荷台部分に広告などを貼り付けて街中を走る宣伝カー)をプレゼントすることを明らかにした。mixiアプリを使ってのアーティストのプロモーションは初めてのことで、業界では大きな注目を集めている。
MiChi とか知らないし・・・・というのはさておき、そんなに注目されていないような気もしますがさておき、こういうこともやっていくわけですね。

ただ、mixiも厳しいですねぇ。

【2009年8月最新版】直近決算発表に基づく mixi、モバゲー、GREE の業績比較〜明暗を分けた要因の分析〜 (8/6 japan.internet.com)

売上に関して mixi は広告依存で、GREE、モバケー は有料課金というビジネスモデル。収益差は鮮明です。
有料課金路線ではない mixi のアプリプラットフォームのオープン化ですが、これも広告依存でしょう。PVなど、どう変わっていくか注目していきたいです。

しかし、利益率 50% とかって、うちの周りじゃあり得ない利益率。つくづく思うけど人月で仕事してちゃほんとダメだよね。

posted by かず at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月07日

Twitter が使えない DoS らしい

Twitter、DoS攻撃で一時サービス停止に」(8/7 CNET Japane)

システム開発の要件で DoS, DDoS 攻撃に対してなにかもとめられるとつらいなぁ。SIでコンサル、提案できる要員は育っているのだろうか。

とつぶやいてみる。

posted by かず at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月06日

mixiアプリで各種APIから取得できる情報のルール

mixi本社に潜入してきた」で書いた内容の一部が正式に公開されましたね。

各種APIから取得できる情報のルールに関するご案内

できること、できないことがまとめられていますのでしっかり読みましょう。
mixiアプリ説明会でも述べられていましたが、OwnerとViewerの違いインストールの有無を正しく把握しておく必要があります。

ちなみに対象となる情報に関して引用すると以下とのこと。ストレートに読むとコミュニティ情報の取得に関してはパーミッションモデルの適用外ということになる。
パーミッションモデルによる制限の対象となる情報は、以下となります。これらの情報について、全て持ち主となるユーザーが存在します。
  • ユーザーの基本情報(Person & Friends API)
    (ニックネーム、プロフィールURL、プロフィール画像URL、血液型)
  • ユーザーのプロフィール情報(Person & Friends API)
    (現住所、年齢、生年月日、性別)
  • ユーザーのマイミク一覧情報(Person & Friends API)
  • 永続化情報(Persistence API)

mixiアドプログラムについて

アドプログラムについての詳細はまだ未掲載ですが FAQ において、概観がつかめるようになっています。 アプリ開発者にPVに応じ広告収益を分配する仕組みですので、注目しておく必要がありますね。
posted by かず at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月28日

IEで表示が乱れてる・・・

普段が Firefox 使いなので気がついていませんでした。
IE だとコンテンツの横幅広がって醜いことになっていました。

主にブロックと表を使ったページで・・・・がく〜(落胆した顔)

調整しなくては。


[7/28 21:53 追記]
スタイルシートを調整した。とりあえず大丈夫なはず。

posted by かず at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Pentium M + 非PAE Xen 導入完了(たぶん)

とりあえず CPU が PAEに対応していない Pentium M 搭載ノートPCに Xen での仮想化環境を構築してみた。といいつつ、まだ Domain-U は構築していないので油断はできない。

PAE非対応のマシンにはインストール不可」(2007/9/25 mir the developer) 池田さんの記事をみてあきらめていた人、「Debian etch への PAE 非対応 Xen のインストール」(2008/5/22 竜宮城の道しるべ) makurakaiさんの記事をみて Debian かよ〜と嘆いてた人は試してみてください。

基本環境
・Pentium M 1.4GHz ←PAE非対応 もうやだ〜(悲しい顔)
・Memory 2GB
・CentOS 5.3 (kernel 2.6.18-128.2.1.el5) インストール済み

この環境に yum で Xen 環境をインストールするとパッケージとしてはインストールされるが、ブートさせるとPAEに対応していないということでカーネルパニックで実行できません。

それで、ソースを入手して PAE を要求しない xen + dom0 を作れれば OK との理解で調査に乗り出した結果、少し前のバージョンの Xen 3.2.3 の以下のファイルをhttp://www.xen.org/download/index_3.2.3.htmlよりダウンロードしてインストールすることで、Xen環境が利用できるようになりました。

・Xen 3.2.3 official source distribution tarball
・Linux 2.6.18 with Xen 3.2.x support source tarball

以下、詳細は長くなるので分割します。
posted by かず at 00:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月22日

mixi 本社に潜入してきた

いや、単に『mixiアプリ』技術説明会にエントリーして訪問しただけです。
受付がしゃれてました。写真撮りたかったけどがまんしました。
受付の横でなにやら本格的な機材で撮影していました。
モデルさんがだれかわかりませんでしたがきれいでした。
(まるで小学生の日記だな)

肝心の内容ですが、基本的にはデベロッパーセンタ資料どおりの解説で、よういちろうさんが説明されていました。

参加者からの質問などから明らかになったこと。確か守秘義務なかったはずなので公開します。
  • Canvas View 以外での広告はNG
  • マイミクになっているかどうかで情報取得に関する権限変更がありそう
  • Persistence API は mixiアプリ毎にViewer毎に10MBくらいに制限がつく予定。今は無制限(?)
  • コミュニティーAPIは使っても大丈夫
  • モバイルアプリの外部サイトへの誘導は実質NGですので、課金については課金APIの正式登場を待ってください
  • モバイルアプリはユーザへ5秒以内に返すこと。でなければ mixi がエラー画面を返します
  • アプリを登録するのは実際にアプリを運営する者が行い、開発ベンダーで行わないでください。現在は移管機能はないです。

と以上、勝手に記載してしまいましたが、説明会の質疑口頭で回答された内容ですので、各自デベロッパーセンターにて正式内容を確認してください。ドキュメントは鋭意作成中とのことです。

全体は「mixiアプリ説明会レポート」(ウマい話、ちょいくれや。さん)のところがよくまとまっています)
posted by かず at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年07月21日

Pentium M + Xen 死んだ(途中経過)

3連休 PentiumM なノートPCに Xen を入れようともがいたが、いまだにインストール成功せず。
PAE を無効にしたカーネルを作っているのだがなかなか・・・。

CentOS 5.3 + SRPMS からとか。
Xen3.4 のソースからとか。

posted by かず at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月17日

Jetty の歴史

サーブレットコンテナの Jetty について、調べていたら過去の Jetty についての状態を示す英語が面白かったのでついでに日本語訳を合わせて併記してみた。

VersionJavaServletJSPStatus日本語
8.x1.632.1Experimental実験的な
7.x1.5,J2ME2.52.1Stabilizing安定化中
6.x1.4-1.52.52Stable安定した
5.x1.2-1.52.42Mature成熟した
4.x1.2,J2ME2.31.2Ancient古臭い
3.x1.22.21.1Fossilized化石になった
2.x1.12.11Legendary伝説的な
1.x1  Mythical神話[架空]の

ちなみに、表からは削除しているが、ホストサイトの変遷も面白い。
Mortbay → Sourceforge → codehaus → Eclipse,codehaus だそうだ。
posted by かず at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月09日

SourceForge.JP でプロジェクト作った

ちょっとオープンソースなものを作ってまして、いろいろ慣れないといけないなぁと、公開はまだなのだが SourceForge.JP でプロジェクト開始の申請を出した。

そしたら3分で承認が下りて活動可能になった。はやっ!!

しかし、昨日の登録からまる1日たっても承認おりないなぁと悩んで、何度もヘルプ見たりして、登録完了できていなかったのは内緒の方向で。

Subject: [SF.JP] プロジェクト登録を受け付けました
プロジェクトを登録していただき、ありがとうございます。
下記の通りプロジェクト登録を受け付けました。
プロジェクトが許可されれば、電子メールで詳細情報が
通知されますので、しばらくお待ちください。

グループ名:  (略)
ライセンス:  (略)
説明: (略)
目的: (略)
ってメールが登録時に来る。
実はこれ来てなかったたらーっ(汗)

で、承認されると
Subject: SourceForge Project Approved
Your project registration for SourceForge has been approved.

Project Full Name:
Project Unix Name:
CVS Server:
Project Page:
Project Admin Page:
ってメールがきます。

さて、次はドメイン取得だな。これは慣れてるので問題ないが・・・。えっ?ドメインまで必要なプロジェクトなのかって?
全然不要ですが、モチベーション維持の自己満足のためですわーい(嬉しい顔)
posted by かず at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月07日

考える技術「なぜ当たり前のことしか浮かばないのか」

PRESIDENT 2009 7.13号より。大したこと書いてなかったけど、それでもメモ。
  • 井上雅博(ヤフー社長)
    新しいサイトで流行っているものがあれば、自分で必ず使ってみる。実際に使ってみないと、どこに面白さがあるのかわからない。「多分たいしたことないだろう」などと先入観は持たない。流行っていること自体に、必ず何か理由があるはず。どうしても面白さがわからなかったら、他の人に尋ねてみます。

  • 鳥羽博道(ドトールコーヒー名誉会長)
    ふとした光景がビジネスに結びつくかどうか。人は関心のないものは見逃しますが、関心があるものなら雑踏の中からでも必ず見つけ出します。危機感とテーマ(将来の事業像)を抱いているかどうかにかかっている。

  • 小林豊(小林製薬社長)
    "あったらいいな"をカタチにする。内ポケットにはいつも手帳を入れておき、気付いたことはすぐにメモする。提案にすぐフィードバックすることも大切な仕組みです。提案を受け付ける専門部署を設置し、提案に目を通して関連部署に振り分け、すぐに評価を促すという方法をとっている。反応があればまた提案しようという気になるから。「自分で考えろ」というだけではなく、考えるための仕組みや環境を用意することが絶対に必要。

  • なんのために日経を読んでいるのか。経営者のことば。
    できるビジネスマンが熱心に読むのは企業面と消費面。たとえ短い記事でもビジネスアイデアの宝庫。「3W1H」「誰が」「誰に」「何を」「いくらで」ということに注目している。日経は多種多様なビジネスモデルの実例集。

  • 「バカな脳がピンとくる脳に変わる」科学
    • メタファー」一見関係がないもの同士を結び付ける。想像力の先の創造性
    • 思考実験」実現不可能なことをシュミレーションする
    • トーク・スルー」生煮えのアイデアを話してみる。脳にとっての運動。とにかく一度出力しないことには可能性も見えてこない
    • 集中的・拡散的思考」議論は広げるだけ広げ、引き戻す
    • セレンディピティ(幸運に出合う能力)」目標途中にあるもの「余計なもの」を追う。接着剤の研究→弱い粘着剤の発見(普通はボツ)→ポスト・イット

などなど。

でも、半分以上が時計の特集(広告)で、全体としてはお勧めしない。

そういえば、「考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則」バーバラ・ミントは買ったけど読んでいない たらーっ(汗)

posted by かず at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記